磯釣り道具の選び方 初心者が抑えるべきポイントと予算は?

20150522-0

釣りの中で磯釣りほど大きい物から小さいものまで道具の種類が多いものも無いでしょう。
竿、リールはもちろんの事ラインやウキ、ガンダマ、細かい仕掛け、ウェア、スパイク、ベスト、バッカン、柄杓等、数え上げたらキリが無いほど多岐に渡ります。
そんなどうしようもないほどの選択肢の中から最適な道具を選ぶお手伝いをさせていただきたいと思います。
スポンサーリンク

初心者の道具選びの鉄則とは?

これから磯釣りを始める初心者さんが守ると幸せになれる道具選びの鉄則があります。
以下に綴っていきます。

何を買っても必ず後悔する!?

やっぱり最初は予算を抑えたいと思うのが普通です。
しかし色々と道具を吟味してカタログやネットサーフィンしていると、どんどん欲が出てきてあれもこれも状態になっていきます。
例えば竿であれば予算5千円だったのが気づけば3万円になっていたなんてこともありえます。
でもそこで3万円の竿を購入すると100%後悔してしまうのです。
なぜでしょうか?
それはあなたにまだ自分の「ものさし」が無いからなんです。
自分の「ものさし」さえあれば高確率で理想の道具に出会うことができます。

自分のものさしとは?

「ものさし」とは、要は自分の判断基準ということです。
私はAよりもB型が好みだ、とか、AよりもB型が扱いやすいなどのことです。
初心者さんはこれが無いんです。
だからどんな物を選んでも必ず買い替えますし、最初から自分に合うものを選ぶことは非常に困難です。
「ものさし」は一朝一夕にして出来上がるものでもありません。
自分でトライ・アンド・エラーを繰り返し、その経験が糧となり初めて手に入るものですから長い月日が必要です。
最初にお気に入りとなった道具でも、人間ですから増える経験値によって好みが変わっていきます。
そうすると一度お気に入りだった道具がホコリを被り始めるのです。笑
それはあなたのステップアップに対する税金だと思ってください。

スポンサーリンク

道具選びは自由です!

道具選びは人にあれこれ言われて買うものではございません。
最低限のアドバイスは必要ですが、釣り人は自分で工夫して遊びを作り出す創造的な人種です。
一見静かにウキを眺めているおっさんでも、頭のなかはフル回転の大興奮状態なんです。笑
人に迷惑をかけずに、自然を破壊しなければなんだってOKですから、極端な話エギングロッドで磯のウキフカセ釣りをしたっていいんです。
条件さえ合えばそれは可能です。
こんなこと書かれている釣りの入門書はありませんよね。
ご自身の自由で楽しい無限の可能性を持つ釣りという趣味の価値観を、なにもわざわざ義務教育のように縛られ、ガチガチにする必要はないのですよ?

仕事では無いのですから、子供に戻ったつもりであれこれ試してその失敗自体を楽しめるようになれたら素敵ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る