必見!釣りのクーラーボックス匂い対策まとめ!車でも電車でも安心!

P5140030

釣りは趣味の王様とよく言われますが
多くの人に嫌われる理由として、匂いが挙げられます。
特に魚自体を入れるクーラーボックスは最も危険な道具のひとつです。
スポンサーリンク

誰しもがこの匂いと戦って、それぞれ対策をとっているようですね。

それを怠れば・・・
車では強烈な匂いが充満し、家族から大ヒンシュクをかうでしょう。
もし彼氏の車が魚臭かったら彼女はドン引きです。

電車では周囲の人達に蔑んだ目で見られ、とても沈んだ帰り道となることでしょう。
最悪、悪臭騒ぎで駅員さんのお世話になるかもしれません。

せっかく釣り、アウトドアを楽しんできたのに
悲しすぎますよね。
でも他人に迷惑をかけてはいけないと思います。

そこで今回は、悲しい釣り人達を救う
匂いの元撃退作戦をピックアップしていきます。

以下

○まず魚はビニール(ジップロックが良い)に入れましょう。
○帰ったらクーラーボックスをすぐに洗いましょう。
○クーラーボックスは柔らかいスポンジ、もしくは手で洗いましょう。
○日陰でよく乾燥させましょう
○洗う前に洗剤を含んだお湯を漬けておきましょう。
○パッキンなど外せるものは外しましょう。
○なるべく構造がシンプルなものを選びましょう。
○密閉性の高いものを選びましょう。
○肩掛けベルトではなく、ハンドルタイプが好ましいです。
○洗ったら柑橘系の皮を入れておきましょう。
○活性炭を入れておきましょう。
○抗菌仕様を選びましょう。匂いの原因は雑菌繁殖です。
○使い捨てできるトロ箱を使いましょう。
○界面活性剤入の漂白剤を使いましょう。
○魚はさばいてから入れましょう。(内蔵、血を取る)
○市販の強力消臭剤を使用しましょう。
スポンサーリンク

ここまでやればそうそう臭くなることはありません。
なかなかここまで完璧に実行できませんが・・・。

大事なのは「こまめに洗う」ことです。鉄則です。

真の釣り人はクーラーボックスを上手に洗って
常時、道具も心も環境も綺麗に保ちましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る