海に入ったらチクっと痛い!赤い点々が出てかゆい!チンクイ対策とは

20150810-0

まだクラゲが出るには少し早い夏の海。

海水浴や磯遊び、サーフィンと海のレジャーで賑わいます。

しかし、あるとき水着の際にチクっとした痛みが・・・。

その後は赤いポツポツがたくさん出来て痒い痒い!

それはもしかしたらアイツの仕業かもしれません。

スポンサーリンク

チンプイ!?じゃなくてチンクイ!!

チンクイってご存知でしょうか?

体調1mm~3mmほどのカニやエビ、ヤドカリなど甲殻類全般の幼生をまとめてチンクイと呼びます。

他に「チンクイ虫」とも。

正式名称は「ゾエア」です。

 

こいつらが曲者で、卵から孵ると水面近くを漂い、脱皮を繰り返して大人になっていくのですが、チンクイが水着やウェットスーツの中に入ると刺されてしまい、幹部が赤い斑点に覆われ、非常に痒い思いをするのです。

 

 

チンクイ=ゾエアですが、次の変体が「メガロパ」です。

変な名前ばかりですね。

チンクイ対策は?

あまり泳ぐ力はないので、風まかせ波まかせです。

そのため、潮通しの悪い内湾などに溜まりやすく、そのエリアでは被害が拡大するようです。

 

知り合いのサーファーも湘南の七里ヶ浜でよく刺されて「かゆいかゆい!」とウナコーワを塗ってます。

 

本当はステロイドが入ったムヒのほうが効くのですが、彼はステロイド嫌いなので塗らないそうです。

 

なるべく肌の露出を避け、袖口のしっかりした水着、またはラッシュガードを着用します。

 

露出部はあらかじめワセリンを塗っておくと良いそうです。

 

もし刺されても掻いてはいけません。

悪化します。

スポンサーリンク

シラスの中にもチンクイさんこんにちは。

 

そういえばこんな奴がシラスに入っていたような…。

 

調べてみたらやっぱり入ってました。

ゾエアだけでなく、タコやイカ、その他の魚など、しらすにはごちゃまぜで魚介類が入ってるようですね。

 

小さい頃にシラスを掻き分けて観察していたのを思い出しました。

あれ、別に取り分けてまじまじと眺めた後は食べる気無くすんですよね~。

ダメですよね、食べてあげないと…。

 

小さくても立派なトゲがありましたから、そりゃ皮膚に密着したら刺さりますよ。

皆さんも海に行くときはご注意を!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る