サーフトローリングのタックル選び。非力な女性がなんとか遠投してワカシをGETするには①

サーフトローリングって釣り、ご存知ですか?

サーフトローリングとは日本の漁師の伝統仕掛けである弓角を現代風にアレンジした、新しい疑似餌釣りです。

飛距離が要求される釣りなので、釣り場は基本男ばかりですが、うちの奥さんがサーフトローリングをやりたいと言いたしたことをキッカケに、私なりにあれこれ頭を悩している釣りでもあります。同じ悩みを抱える釣り人って意外と多いのではないでしょうか?

ここでは、非力な女性でもなんとか飛距離を出して魚をGETできるようになるまでの記録を綴っていきたいと思います。

サーフトローリングで使う基本的なタックル

湘南海岸で行うサーフトローリングの基本的なタックルは以下の3種類が主流です。

投げ竿タックル

  • 投げ竿 4~4.5m、鉛負荷25号前後
  • 投げ専用大型スピニングリール

磯竿タックル

  • 磯竿 4.5~5.3m、鉛負荷10~15号ほど(4号)
  • シマノ4000、ダイワ3000ほどの中型スピニングリール、または投げ専用スピニングリール

ルアータックル

  • シーバスロッド 9~12ft、MAXルアーウェイト30~60gほど
  • シマノ4000、ダイワ3000ほどの中型スピニングリール

サーフトローリングは重りを遠くへ投げる釣りですから、ほとんど投げ釣りのようなものです。よって投げ竿が一番飛び、次に磯竿、ルアーロッドと続きます。

男性なら問題なく投げ竿を扱えるとは思いますが、魚を釣って楽しいのは磯竿やルアーロッドの方です。投げ竿は大型魚には良いのですが、小型の魚に対しては硬すぎるのですね。

私も昔はシマノのサーフリーダーCXの4mほどのものをサーフトローリングに使っていたのですが、40cmほどのサバが掛かっても、魚が釣れているのかいまいちハッキリしない重ったるい引きに飽きてしまい、今では専ら磯竿かルアーロッドを使っています。飛距離の面で不利ですが、まぁ魚は問題なく釣れますし、何より磯竿は楽しいです。

しかし投げ竿はもちろんのこと、磯竿も4号クラスとなると重くなり、さらに先端に重い重りをぶら下げるのですから、力のない女性であればあっという間にヘバリます。ものの数時間で腕がパンパンになるそうです。だから女性のサーフトローリングというテーマで考えた時、必然的に本格投げ竿と4号磯竿が消えます。

そう。問題は力のない女性がどうやって飛距離を稼ぎ出し、青物をGETするのかという点です。

その点で大型の投げ専用スピニングリールも選考から外れます。ここでは常識的な値段で買うことのできる、自重の軽い普通のスピニングリールでタックルを組み立てていきます。

最初はチョイ投げルアーロッドを使用してみるが…

チョイ投げからルアーフィッシングまで使いやすいディースマーツ904TM

うちの奥さんはディースマーツ904TMを持っています。ディースマーツはダイワのチョイ投げとガチ投げの間ぐらいのちょど良いロッド(笑)です。

このロッドは元々チョイ投げのキス釣りとライトソルトルアー全般に使えるなと思って買ったものです。振り出しの9ftですが、カーボン含有率が高く軽量で感度も良く、継ぎ目がかっちりしていて上質なロッドです。軽く投げる系の釣りではムテキングでした。MAXルアーウェイトは26gと柔らか目なので、ジェット天秤などは6号ぐらいが最適です。それ以上重いとかなり不安です。

最初はこのディースマーツを伊豆大島に持っていき、シマノ3000番リールをセット、ファイヤーライン1.2号で桟橋からサーフトローリングをやってみました。しかし奥さんの力では6号ジェット天秤でもうまく飛ばず、スキップバニー10号でも空気抵抗が大きくて飛ばず、結局魚GETにはなりませんでした。

 

今度はこのロッドを二宮海岸に持っていき、サーフトローリングをやってみました。しかし、奥さんの力では何号の重りを使っても波打ち際を超えることはできず(推定飛距離30m?)、釣りにならない状態でした。

私の持っているよりヘビーな9ftシーバスロッドでもダメで、余計に飛距離が落ちました。

結局速く振り抜く必要があるルアーロッドは、非力な人にとって扱いが大変なんだということが分かりました。

 

3号磯竿も使ってみるが…

カゴ釣りに使いやすいILリーガル3-45

次にダイワの遠投磯竿、ILリーガル3号-45遠投を使ってみました。これはダイワの良竿、リーガルシリーズの中通しモデルです。鉛負荷は5~10号です。

インターラインは飛ばないというイメージがありますが、内径が大きくなる遠投系となると話しは別で、滑りの良いPEなどを使うと驚くほど仕掛けが飛んでいきます。仕掛けの長いサーフトローリングやカゴ釣りでは、ガイドが無い中通し磯竿の気楽さは病みつきになります。夜釣りも頼もしいですからね。以前はプログランド3-45を好んで使っていたのですが、売ってしまったので改めてリーガルを買いました。

このリーガル3-45に少しでも飛ぶようにとスプール径の大きなダイワ3000番台のリールを付け挑みました。1.2号のファイヤーライン、12号のジェット天秤で私が普通にオーバーヘッドで投げると90mほど飛びます。ファイヤーラインカラードを使用して糸ふけを取って数えているので間違いないと思われます。これだけ飛べば十分です。

 

しかしこのタックルで奥さんが投げると、40mほどしか飛びません。3号4.5mという遠投磯竿の中で最も軽量級のロッドでも女性にはキツイようです。あと10mも飛べばワカシが釣れるという状況だったので、私が代わりに投げようか?と聞いたら答えはNO。奥さんは自分の力でなんとか釣りたがっていました。

見かねた隣の親切なルアーマンが、リーダー付きの弓角よりも扱いが簡単で非力な女性でも投げられるという「とっておきの絶版ルアー」を譲ってくださいましたが、やっぱり飛ばせませんでした。※ちなみにこのルアー、私が投げると一発で魚が釣れるとても強力なルアーでした。あの時の親切な横浜在住のルアーマンの方、本当にありがとうございました!!

あと少しだけ飛ばせてあげることができたら…。釣りのプロデューサー役として非常に悔しい思いをしました。

やっぱり投げ竿を考えるが…

ルアーロッドがダメ。遠投磯竿もダメ。となると残るは投げ竿です。しかし投げ竿こそ女性には重くて最もキツイ竿です。そこで各社の初心者向け投げ竿をいくつか検討してみました。

ダイワ

  • リバティークラブ ショートスイング
  • リバティークラブ サーフT

シマノ

  • ホリデーショートスピン
  • ホリデーサーフスピン

これらが初心者向け投げ竿として今流通しているものです。ショートスイングとショートスピンどちらもチョイ投げ竿でライバル関係です。これらのロッドは一番長いモデルで約3,3mですから、あまりルアーロッドと変わりません。気楽なチョイ投げ釣りには最高なんですけど、すでにその竿は持ってますからね。

サーフTとサーフスピンは、どちらも投げ入門用ロッドです。長さや錘負荷も幅広く、リーズナブルでありながら本格的な投げ釣りにも使うことができます。これらのシリーズの中で、通常の投げ竿の長さである4~4.2mよりも少し短い3.6mのモデルを狙いました。

竿は長ければ長いほど仕掛けを遠くへ飛ばすことが出来るのですが、それは竿を振り切る腕力があっての話です。非力な女性では4mクラスの投げ竿よりも振ったときの感触が遥かに軽い3.6mクラスが妥当だと思いました。

 

サーフTとサーフスピンの2択であれば、通常ならカーボン含有率が高く投げ竿作りの上手いシマノ製のサーフスピンを選ぶところですが、シマノの投げ竿が高く評価されるのは、素晴らしい反発力から生み出される抜群の飛距離があるからです。

つまり硬めなんですね。中級から上級ロッドになればどちらのメーカーも遜色なく飛ばせるとは思いますが、今回のテーマは非力な女性でも無理なく飛ばせる竿です。

リバティークラブ・サーフT15号-360・Kでリベンジ

そんな訳で私はダイワのリバティークラブ・サーフT15号-360・Kを選びました。このサーフTはシマノのサーフスピン365FX-Tのカーボン含有率が70.7%なのに対し、わずか34%しか含まれていません。つまりグラスロッドなんですね。今時重くてダルいグラスロッドなんて選びませんよね。でもそれが逆に女性には扱いやすいのではないかと思うのです。

カーボンロッドはグラスロッドよりも強い反発力が売りです。ただし、グラスロッドよりも素早くロッドを捻じ曲げる必要があり、一瞬の腕力が要求されます。そしてそれが一番女性には辛いのです。だったらウンショとゆっくりパワーを溜めながら投げられるグラスロッドの方が、かえって飛距離が出るのでは?という試みです。

幸いこのリバティークラブサーフT15号-360・Kの自重は265gで、伸ばして持った感じは十分に軽いです。オモリ負荷は6~15号ですから、12号オモリぐらいならリーガル3号45よりも、非力な女性でも気持ちよく投げられるのではないでしょうか。

今度使ってみます。

追記 リバティークラブ・サーフT15号-360・Kで飛距離UP

リバティークラブ・サーフT15号-360・Kで奥さんが投げたところ、磯竿やルアーロッドよりも飛距離が10mほどのびました。

サーフトローリングのタックル選び。非力な女性がなんとか遠投してワカシをGETするには②

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなセイゴと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る