磯釣りへようこそ!初心者は場所と服装仕掛けの結び方重視で

20150512-0

釣りは総じて刺激的ですが、こと「磯釣り」に関しては時に人生を狂わしてしまうほどの魔力を持ったジャンルです。
そんな「磯釣り」に関するコラムです。
スポンサーリンク

磯釣りの魅力とは?

磯とは、北海道に住む原住民アイヌ族の言葉「ISO」から来ていると聞きます。
波しぶきを受けながら荒々しい磯の上に立つと人によっては心臓の高鳴りが抑えられないほど狂熱してしまう釣りで、私は磯釣り一本!という釣り人も数多くいます。
いにしえの時から私たちの魂の奥深くに刻まれている、野生むき出しの本能を開放することのできる唯一無二な遊びが「磯釣り」という釣りです。

日本は火山列島です。
周りは溶岩からなる磯天国とでも呼べる国で、昔から磯釣りが行われてきました。
磯に魅力を感じてしまうのは、もうすでにあなたのDNAが磯の放つ波動に共鳴しているということです。

磯釣りは覚えることも多く、天候や磯、潮への十分な知識がないと大変危険な釣りで、命を落とす確率も非常に高いです。
あらゆる状況に対して自分で判断していかねばなりません。
他の釣りジャンルでは決して味わうことのできない自己責任の問われる真の大人の男のアウトドアと言えるでしょう。

どうして磯釣りを勧めるのか?

そんな危険な釣りをなぜあなたに紹介するのかというと、磯釣りという釣りは人生をかけてもいいと思ってしまうほどのスパイシーな要素が盛りだくさんだからです。
磯釣りを覚えたら、今度の週末からエキサイトな時間を過ごすことができるのです。
日々の生活にメリハリがつき、生き生きと毎日を送るようになるので人生が明るく楽しくなったりします。
一生ものの趣味として「釣り」をお考えなら、今後間違いなく磯釣りを体験する機会が訪れるでしょう。
ユラユラとゆっくり動き、静寂に包まれたウキの放つ呼吸が、次の瞬間大きくかき乱された時、あなたのなかで何かが弾け磯釣りの虜となる扉を開けることになるのです。
スポンサーリンク

入門は早いほうがいい?

磯釣りはとにかく体力を使う釣りです。
特に地磯の釣りとなるとタックルや蒔きエサ、安全装備で多い時には数十キロもの荷物を担いで、山を越え谷を越え、磯を乗り越えやっとこさポイントに辿り着くといった感じなので、足腰が丈夫でないと釣り自体が成り立ちません。
若いうちから経験を積んでおくことをおすすめします。
また、普段運動不足の方はとても良いトレーニングとなり、釣行を重ねる内に足取りが軽くなっていくのを体感できるはずです。
もちろん高齢で磯釣りを嗜まれている方も見受けられますが、ベテランの粋に達した方が殆どですから全てにおいて無駄が無く、経験も豊富で安全への意識も高いです。
初心者の方は、まずはよく釣れる場所のリサーチ、安全な装備、思わぬ大物にも対応できるしっかりした仕掛けをきちんと結ぶことのできるスキルが最重要科目です。
エサに関しては最初は万能のオキアミという大型プランクトンから入ると思いますので、やはりリスクに対する防御から入った方が後々良い結果を生むと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る