ジューンブライド新婚旅行、日本人に人気なモルディブに見るサンゴ礁

PB101486

モルディブ。

結婚式の次は新婚旅行。日本人の海外新婚旅行先として屈指の人気を誇る
地球上の最後の楽園といえる場所で、リーフと呼ばれるサンゴ礁が集まった
大小様々なラグーンで成り立つインド洋の小さな共和国です。

植民地支配等の多くの黒歴史がありますが
奪いあいたくなく気持ちもわかるほど、白く透き通ったビーチを堪能することができます。

私も例に漏れず、新婚旅行でモルティブへ行きました。

ぜひ、大変美しいサンゴ礁に囲まれたとびきり綺麗な海へ飛び込んでみてください。

言葉を失います。美しすぎて。

スポンサーリンク

【モルディブはサンゴの楽園といえど、ハネムーナーにとって料理はいまいち!?】

期待に胸膨らませていきなりショックを受けるのが料理かもしれません。

南国は基本的にあまりご飯には期待しないようがよいのかも。

パンやフルーツに味が無いんです。かなり薄味です。
料理の味付けもいまいち。

島内にあったタイレストラン等は美味しかったのですが。

私は海の綺麗さ重視で、終始シュノーケルを楽しんでは美味しい
トロピカルジュース(飲み物はGOOD!)を飲んでいました。

とにかく朝から晩まで海に潜って泳いでいたいと思わせる
見たこともない青い海が待っています。

休んでいる暇も勿体無いぐらい泳いでました。

尋常じゃないくらい疲れるので、体力回復のためにご飯を食べるという感じでした。

ただし雰囲気は抜群で、サンセットビーチで料理をいただきながら見た夕日は
一生忘れられない光景です。

スポンサーリンク

【モルディブは魚たちの楽園。豊かな海に感じた彼ら野生の世界】

モルディブでは日の出とともに起き、日の入りとともに寝る。

そんな日本では考えられないようなサイクルを送ることが可能です。

泳ぎ疲れてすぐ寝てしまい、早く寝るから早く起きるだけですが。
モルディブの水上コテージからは直接海に入ることができます。

食事でいただいたパンのかけらをもって海に入りました。

サンゴ礁は少し沖まで泳いでいくと、ドロップオフと呼ばれる
サンゴ礁の壮大な崖を見ることができます。

崖の下は深く濃い青で海面から目視することはできません。
「紺碧の闇に吸い込まれそう」そんな雰囲気で非常に神秘的です。

そしてドロップオフこそが魚たちの楽園であり、色とりどりの無数の
魚たちがダイナミックに泳いでいます。

ここで、持ってきたパンを魚たちに少しあげてみました。

とたんに周囲は魚魚魚!!目の前が真っ黒になってしまうほどとんでもない大群です!

あまりの野生の勢いに見の危険を感じた私達はコテージへ逃げ帰りましたが
一度エサを与えた魚達はとてもしつこくついてきます。

やはり野生ですね。

いくら人間対魚といえど、水中ではあちらさんのほうが何枚も上手。

現実離れした夢のような世界にも弱肉強食のルールがあることを
我々は忘れていました。

地球温暖化による海面上昇によりいずれ消滅してしまうとされる
モルディブ共和国。

その美しくも荒々しい自然をいつまでも残してほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る