トヨタ水素自動車ミライ 燃料電池の仕組みと燃費、値段は?

20150504-1

トヨタが世界で初の燃料電池の量産車を発売しました。
燃料電池車を「FCV」と呼びますが、トヨタはFCVを「究極のエコカー」と位置付けてます。

環境負荷の低い車への世界的な需要。そしてそれに応える各国の自動車メーカー達。
人と自然の共生をテーマに再生エネルギーサイクルを高効率で回すことのできる次世代ビークルに世界が注目しています。

20150504-2

スポンサーリンク

トヨタの虎の子、クリーンエネルギー車「ミライ」とは!?

トヨタ ミライは究極のエコカーなのか?

トヨタ「ミライ」は燃料電池車です。
燃料電池仕組みは、水に電気を通して水素と酸素を作る「水の電気分解」の逆で、水素と酸素を反応させて電気を取り出すものです。
電池と言っても電気を貯めているわけではなく、水素と酸素を使った「発電設備」のことなのです。

今までのガソリン車などは化石燃料を燃やして走る構造のため、埋蔵量に限界のある資源を使い続けることはいずれ枯渇を招きます。

しかし燃料電池車は資源としては無限にあるといってよい「水素」を燃料とし、窒素酸化物や二酸化炭素を排出せずに電気と水を生み出すのみで、正に「究極」です。

20150504-3

電気自動車と比較すると?

次世代カー分野でのトヨタFCVのライバルと言えば、欧米各国がこぞって発売している電気自動車(EV)です。

EV、FCV共に共通の問題があります。インフラの問題です。

現時点では水素スタンドは課題が多く、EV有利となっていますが、EVはとにかくチャージに時間がかかります。今の技術で急速充電したとすると、一台当たり30分掛かるので仮に三台待ちとかですと自分の車のチャージ完了まで2時間も掛かってしまうのです。

水素チャージは一台当たりわずか「3分」です!この早さなら多少混雑しても大丈夫ですね。
また、電気は発電してから遠くへ運ぶのに送電線などの設備投資にお金がかかるのに対し、水素は様々な技術が開発されており、電気よりは運搬しやすいという面があります。

このようなことから、今までのガゾリン車並の使い勝手を実現できる可能性が高いのが水素自動車(FCV)ということになります。

20150504-4

ミライの値段は?

気になる値段ですが、新車価格で723万円です。
この次世代カーには値段というよりも存在自体に価値があるので、普通の尺度では図ることができませんが、参考までに実際の支払いは購入補助金やグリーンカー税制やエコカー減税を合わせておよそ520万程度です。
超クリーン車としては破格の値段です。

スポンサーリンク

トヨタ 未来が目指す理想の世界とは?

ギリギリまで決まらなかったものとは!?

車名の「MIRAI」には、「車の未来、地球の未来への思いが込められている」とトヨタ代表取締役副社長の加藤光久氏がおっしゃってました。
実は発表ギリギリまで違う車名(FUTURE等)が付いていたそうで、土壇場で現場も含めもう一度練り直して「MIRAI]になったというストーリーがありました。

20150504-5

トヨタから生まれた有名な企業理念に「カイゼン」があります。
これと同じように、車と地球の未来を日本の技術から誇りを持って発信するという意味であえてMIRAIという日本語にこだわったのだそうです。

トヨタの環境への本気度は?

2015年1月、トヨタはFCVに関する特許約5680件の実施権を全世界に向けて無償提供すると宣言しました。
トヨタは「腹をくくった」のです。
自社の利益よりも「トップを走る自動車メーカーとして守らねばならない使命がある」そんな強い意志が伝わってきます。

これからの「ミライ」へ向けて・・・

私はジムニーのような小さくて車高の高いクルマが好きなので、もっと技術が一般レベルまで浸透して水素ミニクロカンのようなクルマが出てくれたら趣味クルマとしても最高だな、と思いますし、ローインパクトの小さなクルマが普及すると将来の都市インフラとしても優秀ですね。

空気と水滴をイメージしたと言われるボディデザインをもつトヨタ初の燃料電池車「MIRAI]。

日本の良さの一つ、自然との共生を現代風に再現する夢の世界に向けてミライは未来へと今、解き放たれるのです。

他の車記事はコチラ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る