軽いクーラーボックスを選ぶと釣りやアウトドアで長く使えます①

P7230045

アウトドアを楽しむうえで欠かせないのが
そう。クーラーボックス!

世の中には沢山の種類があり
初めて買う人にはとても覚えきれません。
今回はそんな迷えるクーラー難民のあなたに
軽くアドバイスをしたいとおもいます。

スポンサーリンク

まず代表的なクーラー選びのポイント4つ。
①何に使うのか(目的)

②どれくらい入れるのか(大きさ)

③冷やす時間は?(保冷力)

④持ち運ぶ手段は?(重量)

①は機能です。

キャンプやバーベキュー用途と釣り用途では
だいぶ事情が違います。

前者ではそんなに頻繁に出し入れしないので
大きなフタが使いやすくシンプルな構造が好ましいです。

後者では頻繁に出し入れするのでメインのフタ+小フタの
ものが使いやすく、内部に小物入れトレーなどを装備したものが
好ましいです。

アウトドアならアウトドアメーカーのもの
釣りなら釣りメーカーのものを選ぶと間違いありません。
スポンサーリンク

②はサイズです。

クーラー選びの鉄則として
「大きすぎるものはゴミになる」
というものがあります(笑)。

大体の人が検討していく間にどんどん不安になり、
あれも入れたいこれも入れたいとなって
当初考えていたサイズよりも大型化する傾向があります。

たしかに大は小を兼ねるのですが、ことクーラーに関しては
意外と沢山入るものであり、通常保冷剤や氷を一緒に入れるので
大きなものはとんでもなく重くなって運搬に多大な労力を
使うことになります。

結果、最初に買った大型クーラーは家で荷物入れに成り下がる
可能性が高いです。

確実なのは一度トロ箱を使ってみることでしょう。

トロ箱とは、魚屋さんによくある白い発泡スチロール製の箱のことです。

意外と保冷力があり、何よりベラボウに軽いので躊躇なく大きなものを
選択できます。

そうして自分にあったサイズを認識してからハードクーラーを買うと
失敗することがありません。

なお、トロ箱はスーパーなどで無料でいただくことができますし
1000円ちょいでなかなかまともなものも購入することができます。

クーラーボックス選びの続きはパート②で。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る