メバルの釣り方や仕掛けは星の数!人気のポイントを独自視点で見る!

20150424

私の好きなメバル釣り。

メバルと言っても人によって感じ方が違います。

美味しい料理、愛くるしい瞳、チャーミングなボディ。

メバルの魅力を解体してみましょう。

スポンサーリンク

どうしてこんなに釣り方があるの?

メバルを釣魚としてとらえると、本当に沢山の釣り方があることに驚かれることでしょう。

餌釣りでは、脈釣り、ウキ釣り、投げ釣り、落とし込み釣り、ブラクリ釣り等。

ルアーでは、プラグ、ワーム、トラウトガム(動物の革)等。

フライでは潜るタイプの全て。

要は何しても狙える魚ということでしょう。

食生が肉食のフィッシュイーターなので、エサからルアーまで幅広く反応してくれます。

日本各地に生息し、生命力の強さからどこにでもいて、常に私達人間のそばで暮らしてきた魚です。

そのために今日まで様々な釣法が編み出されました。

先輩達が残した多種多様な釣りで、私達はメバルと向き合うことができます。

釣り人は工夫する生き物

このよのなかに釣り人ほど自分の遊びを工夫する、カスタマイズする人種はいないかもしれません。

同じメバルを釣るという目的に対しても様々なアプローチがあり、フィールドの違いや食わせるモノや使用する道具など、人が100人いたら100通りの釣りの楽しみ方があるといっても良いでしょう。

何も知らない釣りを始めたばかりの人は、どれから入ってよいか混乱すること必至です。

あなたの好きな、興味のある釣り方から入って全く問題ありません。

必ず他の釣り方にも親しんで、比較して、自分のスタイルが確立されていくからです。

スポンサーリンク

釣りの人気魚種になる条件とは

日本の釣りで、大変人気があり、沢山の釣り方がある魚はある共通の条件があります。

それは、メバルに限らずシーバスやクロダイも同じで、日本各地に幅広く生息し、我々人の生活圏の近くで暮らしており、性格が人間に近いという点です。

どういうことかと申しますと、これらの魚は大変好奇心旺盛です。

まるで人間のような表情の豊かさで、掴めない性格であるということです。

沖をひたすら泳ぎ続ける回遊魚たちと違い、そのときの気分で大胆になったり臆病になったりして、われわれ人間を翻弄します。

そのため、よく擬人化されることが多いです。

勝手に人間側が想像力を膨らまし、あれこれと生態の仮説を立てて彼らに答えを求めますが、いつだって答えがハッキリしません。

魚と人間の知恵比べのような話が出てくるのも、これらの魚に人間のようなところがある所以でしょう。

メバルの魅力はやっぱり懐の広さです

パターンにハマらない、奥が深い魚でありながら、初心者からベテランまで夢中にさせる要素を沢山持つメバル。

気が向いたら、ふらっと防波堤に赴いて遊んで帰ることができるし、磯やゴロタ場にいって本格的に狙うこともできます。

こちらの思い付きに対して、そこそこのレベルで答えてくれる貴重な存在です。

そんなメバルは、これからもずっと愛される存在であることは間違いありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る