南伊豆ヒリゾ浜へアクセス!海水浴キャンプと宿泊民宿地図、混雑状況は?シュノーケリングツアーも

20150622-0

風光明媚な観光地、南伊豆。

その最南端に、夏の熱いレジャースポットがあります。
伊豆ジオパークとして登録されている、伊豆に残された最後の秘境「ヒリゾ浜」です。
表紙出典:http://www.nakagi.jp/hirizo/

スポンサーリンク

ここは伊豆のセブ島?抜群の透明度を誇るスーパーシュノーケリングスポット、ヒリゾ浜とは?

ヒリゾ浜伊豆半島南伊豆の最南端に位置します。

伊豆半島は関東に広がる4つの大きなプレートの中のフィリピン海プレート唯一の大地であり、その先端部にあるのが「ヒリゾ浜」です。
20150622-2

出典:http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/

ヒリゾ浜は国内で25番目のジオパークに選ばれています。

このエリアの海は抜群の透明度を誇り、キャンプ・海水浴客をはじめ9月のシュノーケルの全国的な聖地として知られ、本州NO1の座を保持しています。

別名「伊豆のセブ島」

近くには観光名所「石廊崎」があり、両区間を結ぶ海岸線の海はとにかく綺麗で自生のサンゴが沢山あります。


20150622-1出典:http://www.minami-izu.jp/entry.html?id=11366

伊豆最南端ということもあり潮通しも抜群で、年によっては黒潮も接近するので大型回遊魚などがダイバーたちを出迎えます。

20150622-3出典:http://www.minami-izu.jp/entry.html?id=11366

思わずため息が出る美しさですね。

インターネットが普及する前は地元の方のみがひっそりとヒリゾ浜の海を楽しまれていたようですが、近年のシュノーケルブームで知名度が上がりシーズン中は非常に混雑する状況になりました。

それでも有志たちによるボランティア活動をはじめ毎日行われる清掃によって、ゴミ一つ見当たらない美しい景観を維持しています。
運営側に感謝ですね。

ヒリゾ浜の行き方は?

電車の場合は伊豆急下田駅からバスで45分、タクシーで30分です。

伊豆急行アルファリゾート21で行くと東伊豆の絶景を楽しめて最高です。

 

車の場合、東伊豆の海岸沿いルートを走るか、中伊豆、天城越えルートがあります。

しかし、連休中は恐ろしいまでの渋滞を覚悟せねばなりません!
おすすめは深夜時間帯に移動です。

 

ヒリゾ浜へのアクセスは船のみで、陸路では辿り着くことができません。
渡船業者に渡してもらいましょう。
中木渡船案内はこちら

大人(中学生以上)1500円
小人(4才以上~小学6年生)500円
渡船運行時間
AM8:30~PM4:30

現地の天気、波の高さ、混雑状況などを把握できるライブカメラです。
中木ライブカメラ

現地の地図です。

正に伊豆の最南端ですね。

ヒリゾ浜の宿泊できるところは?

現地マップです。

20150622-6出典:http://www.minami-izu.jp/entry.html?id=11366

沢山の民宿がありますね。
ダイバー向けな宿、アットホームな宿、釣りも可能な宿、ペンションスタイルの宿等、バリエーション豊かです。

宿泊の予約が取れれば駐車場は確保されるようです。
スポンサーリンク

ヒリゾ浜へ行ったらどう楽しむ?

やはりなんといってもシュノーケリングでしょう!

ぜひ今年の夏はシュノーケルセットを買って透明度抜群の海で素潜りの楽しさを味わってみて下さい!

きっと美しい水や魚たちに心奪われて、いつまでもいつまでも泳いでいたいと思ってしまうかもしれません。

ヒリゾ浜の魚たち

20150622-5出典:http://www.minami-izu.jp/entry.html?id=11366

でもその際くれぐれも安全だけにはお気を付けください。
ふやけた手でサンゴなどを触ると手をケガしてしまいますし、体調の悪い時は無理をせず、美しい海を眺めながら浜でくつろぐのもまた贅沢な時間です。

またゴミを残さない、他人に迷惑をかけないなどの最低限のマナーは守りましょうね。

いつまでもこの貴重な自然であるヒリゾ浜を愛し、子どもたち世代に残していきましょう。

あ~この記事書いてたら行きたくなってきたなぁ。(^O^;)
私など、渡船でシュノーケルと磯釣りを交互に楽しんで、余裕で一ヶ月は中木にステイできそうですよ。
夢ですな~。笑

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る