磯釣り初心者 場所の次は道具?服装?仕掛け?エサを重要視で

20150515-0

磯釣り初心者のためのコラム、釣りの鉄則の続きです。
前回は場所についてお話しました。
スポンサーリンク

三つの鉄則二つ目、エサにこだわる

場所の次に大切なことってなんでしょう。
それは「エサ」です。
エサの選び方や管理の仕方、針への付け方などエサと一言で言っても沢山のポイントがあります。

ただ、一つだけ共通していることが「新鮮である」ということです。
いくらお腹の減った魚がいても、傷んでいたり腐っていたりするエサにはまず食いつきません。
人間界のようにお医者さんなどいない海のなかでは全てが自己責任で、いい加減なものを口にしたら命に関わりますから魚たちは真剣です。
その気に慣れば一ヶ月くらいエサを食べなくても平気なくらい、もともと飢餓に対する強さをもっているのです。
彼らの日常口にしているエサに対して、人間が釣りで使うエサは言ってみれば「嗜好品」のような存在ですから、本当は無理して食べなくても生きていけるのですが、そこを上手に誘っていくことに妙技があり、釣りの奥深さでもあります。

まずはオーソドックスから攻める!

磯釣り初心者はエサに悩みます。
なぜかというと「コマセ」の存在が大きいでしょう。
コマセとは撒き餌のことですね。
他の釣りを経験したことのある初心者釣り人にとっても、あの見たこともない量のコマセを買うことに最初はとても抵抗があると思います。

磯の上物釣りにおいては必須となるものですが、底物や他のジャンルでしたら必要のないこともあり、また自然環境への負荷の可能性があることからコマセを嫌う釣り人たちも一定数いらっしゃいます。
(※上物とは、主にウキを使用した釣り方で、中層を泳ぐ魚をターゲットとしたジャンルです。対して底物とは、主に海底を住処とする魚を狙い、オモリを使って仕掛けを沈める釣り方です。)

しかし、磯釣りと呼べる本格的な釣り方の中で、磯上物の釣りに対して他の釣り方は、初心者のあなたにとって少々ハードルが高く、取っ付きにくい印象があります。
例えば底物の石鯛釣りなど、釣れずに10年経過してしまったとか、入門用の道具は最低10数万からとか、エサは毎回1万円とか、とにかく参入障壁が高いので、多少お金と時間に余裕のある人向けのジャンルです。

磯上物釣りだって道具を揃えたらかなり高額になってしまいますが、比較的まだマシなので、ここから磯釣りの世界へ入門する方が多く、やはり一度はコマセのお世話になることでしょう。

現代の上物釣りはオキアミを使うことを大前提とし、そこから全てを組み立てていくスタイルが一般的です。

オキアミとは南極プランクトンのことで、恐ろしいほど魚たちに人気があります。

あなたがこのエサをある程度使いこなせるようになったら、対象魚に絞ったより専門性の高いエサを使うことになっていくと思いますが、オキアミを外すわけにはいきません。
迷わずにオキアミを購入して下さい。

全てのエサは、このオキアミとの比較によって成り立っています。オキアミでは人気がありすぎて不利と思われる場面で、初めてその他が生きてきます。

Lサイズであれば、むき身にしたり色々とアレンジが効きますよ。
Mサイズも良く使います。
スポンサーリンク

初心者がコマセ選びで守るべきたった一つのポイントとは?

オキアミを使うことに決めたあなたは釣具屋にコマセを買いに行きました。
沢山の種類がありすぎて、恐らくあなたは釣具屋の棚の前で100%迷ってしまい、呆然と立ちすくむことでしょう。
パッケージに書かれている釣りエサメーカーの勧めるままコマセを購入してはいけません。大抵の場合、それは多すぎです。

コマセ選びには核となるポイントがあります。

よくある釣り入門書や、釣りサイトに書かれているようなありきたりなことは、ここではご紹介いたしません。あなたがより混乱してしまうだけです。

コマセ選びで磯釣り初心者が判断するための、たった一つのシンプルな方法とは・・・
それは「遠投性能」です。
??ですか?
ここがとても大事なんです。
他のことは二次的なことです。
なぜか。それは初心者の磯釣りを見ていれば分かります。
初めてポイントについたあなたは道具の展開で精一杯、ようやく糸捌きにもなれてきてウキを流せるようになってもなかなかおぼつかないのが、
狙った場所に対する正確なコマセの投入です。
どんなに高価で高性能のコマセでも、あなたがトンチンカンなところに投げてしまっては効果が無効となるどころか、かえって有害となってしまうのです。

遠投性能を謳うものであれば、大変まとまりが良く比重が重いのでコントロールがききます。
狙った場所に投げることができるのなら、コマセの中身など実はどうでもいいことなんです。言ってしまえば気分です。笑
パッケージに書かれている拡散図や効能など所詮「机上」であって、実際の海の中は大変複雑でダイナミックな世界ですから、初心者のあなたの思いどおりになることはまず考えられません。
ですので、初心者のあなたはあれこれ欲張るより「遠投性能」と、使うのが楽しくなる「気に入った香り」のコマセを選べば間違いはないです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自然探検☆水の惑星アウトドア紀行

スポンサーリンク




特集ページ

釣り特集小

観光特集

車特集小

バイク特集小

プロフィール

プロフィール1
↑ 詳しいプロフィールは画像をクリック
自然が大好きなSHINと申します。趣味は釣りです。そんな私が地球を取り巻く様々な自然の話をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る